ア・カペラ室内混声合唱団The TARO Singersのホームページです

about TARO

DSC_3808

 1994年に里井宏次のもとに発足したザ・タロー・シンガーズは、1995年より演奏活動を始めました。1998年の第4回定期演奏会でのロッシーニ「小荘厳ミサ曲」を契機にしてア・カペラ合唱曲にとりくみ、いまでは日本では数少ないプロの室内混声合唱団として評価されています。活動範囲も、大阪を拠点に東京・神戸・京都で定期演奏会を催し、1999年にはヨーロッパ(アムステルダム、バルセロナ)公演で大好評を得ました。

 音楽ジャーナリストの梅津時比古氏からは、「ザ・タロー・シンガーズは、今まさに私たちが欲している合唱団だと言っていい。ヨーロッパの伝統と、近・現代の音楽性の要求と、そして社会性の三つに対応している点において、この合唱団の響きは安らぎを与えてくれると同時に、現代への問い掛けを失わないのである。」という絶賛をいただいております。

 The TARO Singers の “TARO” は、主宰者である里井宏次の「サトイ」から名付けられました。(サトイ→サトイモ→タロイモ→TARO)。「タロイモ」は縄文時代から日本人の常食であったばかりでなく、この “TARO” という言葉は、日本語だけでなく英語、仏語、独語・・・どの言葉をとっても共通で、世界に通用する数少ない単語のひとつといわれています。このようなユーモラスではありますが、その根底には世界を視野に入れた大きな意欲が込められている言葉のもとで、私たちは頑張っていきたいと思っています。

PAGETOP
Copyright © the TARO Singers All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.